PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
転移の心理学読了
0
    評価:
    カール・グスタフ・ユング
    みすず書房
    ¥ 3,996
    (2016-08-26)


    読み切ったぞー!!

    全部を理解した訳ではないが、一年前図書館で読んだ時はちんぷんかんぷんだったので読みきれてうれしい。

    「正直こんな本読んでも・・・。私は医者じゃないし。」と思っていたが医者でなくても参考になる。

    「哲学者の薔薇園」を患者に見立て患者が快方に向かうまでの過程を説明してる。

    患者でなくても私たちが何か問題を抱えた時に、このような過程を通して無意識と出会い快方していくのだと理解できた。

    家族との問題を探し当て、順調に解決していたと思っていたが、妹の里帰りにより家族や他人を巻き込んで大ゲンカとなる。
    その時「今までやってきたのは何だったのだろう。なおひどくなってる…。」とやる気をなくしたが、それはまだ問題の途中段階であり決して退化した訳ではないと思いまた頑張る。
    posted by: myuko | 読書/映画 | 10:14 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 10:14 | - | - | - | - |